キャリアプランは人生の中で重要な課題

エンジニアがどのようにキャリアプランを考えるかは大事な課題です。
終身雇用制度が終わり、企業は従業員のキャリア設計に関しては個人に任せるようになっています。
昔のように会社が面倒を見る余裕が無くなり、その分制約も縛りもなく働き方も個人に任せる風潮となっています。

そこでエンジニアがキャリアを積み重ねるためには、転職を利用することが必要となります。
これは業界の事情がありますが、人材不足が続く中で少ない人員を有効に活用するため完全分業制をとっています。
それぞれのスキルに応じて、仕事が効率良く割り振られるようになります。
そして一度割り当てられた仕事の種類は、そう簡単には変わらないのが現状です。
教育のために身の丈以上の仕事を任せるリスクは取れないというわけです。
つまり、同じ職場にい続ける限りはいつまでも新しいスキルを身に付けることが難しいということです。

もちろん、独学で新たなスキルを習得することはできますが、それを活かすためには新たな職場を探すということになります。
そのような転職のための支援サイトがあるので、登録しておくと便利です。
提供できるスキルを登録し、それを必要とする会社からのオファーを受けることができます。
新しい環境で新しい仕事に携わることで、キャリアプランに沿ったスキル磨きが可能となります。
そして企業では、そのような自主性を持ってキャリアを積み重ねる人材を求めています。日常の業務にもその前向きな姿勢が活かされるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です