エンジニアに向いている人はどんな人?

エンジニアに向いている人には、いろいろなタイプがあります。
特に、キャリアプラン転職を意識すると、いくつかのポイントに絞られてきます。

ひとつは、コミュニケーション力がある人でしょう。
意外かもしれませんが、実はエンジニアは人と関わる機会がとても多いのです。
上司や部下、取引先やBtoCならユーザーとのコミュニケーションが発生します。
話をして要件や仕様を決めたり、社内での相談や関わるプログラマーに説明をすることも大事です。
このため、コミュニケーション力が全く無く、人と話すことがとても苦手という人にはあまり向きません。
高いコミュニケーション力が必要ではなく、日常会話やビジネス上で必要な意思の疎通ができれば問題ないので、それができていればあまり重く考えなくてもいいでしょう。

もうひとつは、ものづくりが好きという人です。
ものづくりに関しては、どの現場でも作ることや作ったものを管理することが求められます。
それぞれ企業ごとに、必要な技術屋が作るものは違いますが、何を作るにしても熱意がないと、とても続きません。
仕事はハードな上、うまくいく仕事ばかりではありません。
そういう時、熱意があると自身の仕事に誇りを持つことができます。
実はこれはキャリアプランを考えたり、転職したりする時に、とても大事ことに繋がります。
このように企業は熱意のあるエンジニアを見極め、採用する傾向は昔からよくあるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です